即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » 限度額と増額審査 » 増額審査に通る為の3つのヒント

増額審査に通る為の3つのヒント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

キャッシングの利用限度額を引き上げる方法??

消費者金融の広告を見ていると、自分でもたくさん借りられるような気分になります。ところが、やっぱり貸す側もこれを生業にしていますので、そんなに簡単に高額を貸してはくれません。

 

利用限度額は法律と金融機関の審査によって決められます。そこで、所得証明書等の自分の収入証明書の提示を求められ事が多々あります。他にも、過去の借入状況も審査されます。

 

では、いったいいくらまでなら借りられるのかと不安になります。自分の利用限度額のめやすとして消費者金融のキャッシングでは、最大でも年収の3分の1までしか借りることは出来ません。

 

それならば、どんな人ならたくさん借りられるのでしょうか?金融機関によって判定基準は異なります。一般的には年収が高く、勤続年数が長い正社員であり、他社からの借入がない人が利用限度額が高くなります。

消費者金融から借入をするからには、それなりの理由があるはずです。どんなに頑張ってもあと少し借入したい場合はどうしたらいいのでしょう…。1度決められた利用限度額は利用状況に応じて、増額してもらえることもあります。

 

そのためには、真面目に毎月コツコツと返済期日を守って返済しておく事をオススメします。それでもどうしても必要な時は、電話で問い合わせすると増額可能になる事もあります。その際出来れば前年の源泉徴収票や確定申告の控え等を提示すると、増額の話しもスムーズになりやすいです。

大手は限度額の増額審査を何度も受けられる

カードローンの企業はたくさんの種類がありますが、いったいどの企業を選べばたくさんの金額を借りられるかと比較や検討をしてみました。

 

まずは、企業の融資限度額はいくらまで借りれるのかと言うのは1番大事な事ですが、それよりも、もっと大事な事は、いくら企業の融資限度額は大きくても、結局は審査で、自分の年収に見合った貸付しかしてくれないのです。

 

だから、一旦、借入を契約してそれからキチンと返済をこなして行って、何日か後に、限度額の増額審査を何度でも受けられる企業にすると、良いと思いました。それが可能なのは、大手の企業なら可能なのです。

 

小規模の金融業は、初めの契約段階で、限度額をいっぱいまで貸してくれようとはしますが、増額となると、不可能となりやすいのです。しかし大手の金融業は、企業自体の資金が

 

安定している為に、それが可能となるわけです。

 

今までしっかり返済してくれているので、信用して、これからも返済をこなしてくれそうだと見越した人だけを対象に、新たに審査の枠を広げてくれるのです。

 

そして増額審査であるので、借りるほうにも収入が上がった証明書などを添付すれば更に増額審査は通りやすくなるでしょう。このように初めの段階で借入額が少なくても契約をして借りてから増額して貰うとたくさんの金額を借りる事が出来ると思います。

限度額アップをさせるためのポイント

個人が無保証でお金を融資してくれる企業のカードローンはとても便利だと思います。利用限度額を決まれば、その利用限度額以内であれば、毎月の僅かな返済で、また借りたり出来るからです。

 

利用限度額のいっぱいまでは、何度でも貸したり返したりと、まるでお財布の様に割合に自由自在に使えるので、とても便利であると思いました。

 

そんな利用限度額と言うのは、カードローンの契約申込の時に、企業が審査を行って、貸付可能な限度額が決まります。

 

カードローンの企業の中で消費者金融業などの賃金業者は、利用限度額は年収の3分の1を超えない総量規制の設定が義務付けられていますが、それ以外にでは、利用限度額を上げて貰える企業もあるのです。

 

契約前に、限度額をアップさせる為のポイントは、出来る限りの資産や、担保になりうる価値を提示することです。

 

本業以外に副業をしたり、何らかの他の収入があるのなら、それを包み隠さず小出しせずにありったけのものを見せ開示する事で、信用を得て限度額をアップさせる事も可能だといえます。

 

そして契約後に限度額をアップさせたい場合には、借入をしてその後の返済の約束を守って、規則正しくスムーズに行なわれている状況かと言うのが1番のポイントであります。

 

これは、企業側と借入側とのやりとりの取引で信用を得ている行為に当たります。信用を得たら、少額ならば限度額をアップさせる事も可能だといえるのです

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ