即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » 限度額と増額審査 » キャッシングの限度額を増額する方法

キャッシングの限度額を増額する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 9分

カードローンやキャッシングの限度額について。

カードローンやキャッシングも、借りたいだけ借りれるわけではなく『限度額』というものが必ずあります。そして、その限度額のほとんどが年収によって決まります。

 

増額などの見直しは、大手金融会社でしたら何度でもしてくれますし、むしろ頼まなくても電話が来たりもします。限度額の増額についても、年収の3分の1以上になるとその時点で融資はストップとなります。

 

また、最初の申込時に希望額を低めにすると審査に通りやすいと言われています。

 

例えば、年収の3分の1を超えても金融会社によっては返済などの信用によって融資してくれるところもあります。

 

細かくあげると
・支払日は必ず守る
・支払期日に遅れたことはない
・遅滞などしていない

などの理由で信用してもらえれば、利用枠があがる可能性もあります。今は総量規制により、なかなか利用枠があがらないことが多いのでもし融資してくれるのであれば、そこは押さえておきたいですね。

 

コツコツ地道に積み重ねた信用が何よりも大切です。

 

お金のことで、まして顔も知らない同士のお金の借し借りなのでしんようが大事なのは言うまでもありません。

 

でも、ひとつの金融会社にしておくのがベストです。

 

なかなか利用枠が上がらないからと言って、あちこちから借りてしまうといわゆる『多重債務』になり、利子や手数料だけでも統計的にかなりの金額になってしまいます。

 

『ご利用は計画的に…』とよく言いますが、まさにそのとおりです。

カードローンを利用しているあなたへ。

カードローンを利用している人の多くは、家族や恋人、友人に内緒で利用している。特に多いのはお小遣い制を採用している家庭の「お小遣いを受け取る側の人間」だ。

 

多くの家庭において、お小遣いは固定金額であることが多い。今月は付き合いが多いから、もしくは少ないから、といった理由をつけて、毎月、お小遣いの金額が増減しているケースは稀である。そこで発生するのが「急な支出や付き合いでお小遣いを超過するが、来月のお小遣いの前借りをするのは難しい」という状況である。

 

そんな時に活躍するのがカードローンだ。一時的に利用し、来月のお小遣いの日になれば返済する、という流動的な使い方をするのが本来のカードローンの使い方である。だが、そんなカードローンの便利さに翻弄され、返済を忘れて限度額まで使用してしまった、という人は実に多い。

 

しかしそれでもお金の入り用というのは容赦なくやってくる。急病、事故等、世の中は実に辛いものだ。なのでそんな時に思い出してほしい、カードローンの限度額を上げる方法について話してみる。

 

まず、カードローンはどの金融機関を利用しているにしても、「限度額が誰でも一律○○円です」ということは少ない。申し込んだ時点で審査され、年収や財産、家庭状況や個人の信用によって限度額が決定されている。そしてこの人なら○○円までお使い頂けます、となるわけだ。

 

上記で述べたように、審査において重要視されるのは個人の信用状況、年収、財産、家庭状況など様々であるが、年収や財産はその場で足掻いてもあまり変化させられない。しかし、「ちょっと気づけば限度額のアップに繋がる、すぐにできること」も実はあるのだ。今回はそれについて説明する。

 

まず、審査において信用状況、つまり他社のローンを借りていないか、借りているなら返済状況はどうか、返済期日にきちんと返済できているのか、というのは特に大切である。金融機関にとってお金を貸しても貸し倒れでは困るのである。かといって返済期日にきちんと返済せず、督促しなければ返済しなければならないような顧客も困るのである。督促するにはその分の人件費などの費用が余分に必要となるからだ。金融機関が求めているのは「貸しても期日にきちんと元金、金利共に返済のできる人間」である。

 

つまり限度額のアップを願い出る前に自分のこれまでの返済状況を考えてほしい。もし、返済期日を過ぎているローンが他にあれば、そちらを返済してから限度額の上昇を願い出ることをお勧めする。可能であれば返済してから限度額アップを願い出るまでに2、3日、間をあけるといい。返済している金融機関からローンの保証会社や他社まで「きちんと返済されました」という情報が伝わるまでタイムラグがあるからだ。

 

ローンの審査というと難しく感じるが、人間関係において考えてみれば実にわかりやすい。あなたが友人AとBにそれぞれ一万円貸しているとする。どちらも1週間以内に返す、と言っていたのにAは1ヶ月経ってもお金を返してくれない。Bは1週間できちんと返しにやってきた。そんな中、AとBがまた1万円貸してくれとやってくる。しかしあなたの所持金は1万円のみ。どちらか1人にしか貸せない。さぁあなたはどちらに貸すのか。考えなくともBに貸したい人間のほうが多いだろう。金融機関だって同じなのだ。

 

限度額のアップを考えている人はまず、自分のこれまでの返済状況を考え、返済に遅れが出ている場合にはまず、返済を正常な状況へ追いつかせることを考えてほしい。そういう地道な行動は自分の信用力を向上させ、ひいては限度額のアップに繋がるのだ。

 

ちなみに金融機関によっては限度額の高い、つまり信用力のある人ほど低金利で利用できるカードローンがあることもある。そういう場合は、大きな金額での利用予定はなくとも限度額は上げておくとお得にカードローンが利用できる、というわけだ。

 

まずは自分の利用できる地域の金融機関のカードローンを比較してみるといい。低金利なカードローンはどこの金融機関か、もしくは自分の現在利用している金融機関に他に利率の低いカードローンはないのか。今は各金融機関のホームページ等で簡単に比較可能だ。

 

せっかくの便利なカードローン。

 

これを読んてくれたあなたが、計画的に、そして賢く利用してくれることを願っている。

希望限度額を低くした方が審査に通りやすい

お金が無い時には、カードローンを借りたいと願いますが、そのカードローンを借りるにあたって注意したい事があります。

 

それは、まず幾ら貸してくれるかと言う事よりも、まず貸してくれる行為に結びつくように、第一に契約できるように、審査に通る事が一番重要であると思うのです。

 

お金を貸してくれると言う許可が降りないと、借入金額交渉も出来ません。だからまず借入の契約が交わす事が出来るように申し込むと良いでしょう。

 

初めての契約の時には、企業は出来るだけリスクを犯したくないので、貸付金額を低く設定される所が多いと言います。

 

だから、こちらから申し込む際にも、希望する限度額は低めにした方が審査がスムーズに通りやすいといえるのです。危険な状態で貸し付けるよりも、ホンの僅かで少額で短期間の取引であるので、審査が軽く通りやすくなる場合が多いのです。

 

だから初めての契約の時に、多額の金額を多めに貸して欲しいっと無理強いして頼み込むよりも、金額を低くして楽に契約を交わす方が審査に通って借入出来やすいと言えるでしょう。

 

契約後は何年か後に、増額融資希望をしたり、希望限度額を増やす手続きも出来ますので、まず初めの契約申込時は、限度額は低く申し込むと良いと思いました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ