即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » キャッシングの審査基準 » 即日キャッシングで有効な審査基準とは?

即日キャッシングで有効な審査基準とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

カードローンの審査基準は人間性も見られる

カードローンの申し込みは、大体が書類がきちんと不備なく揃っていて、申し込みの条件を満たしていて、審査に通りさえすれば、契約ができるものであります。

 

しかし、余りも、申し込みの時に、言動がメチャクチャであったり、暴言を吐いたりなど、一般的には考えられませんが、突拍子もない事をしそうな、人間性を損なうような対応をしていたら、これはお金を貸しても返済する気持ちも無いような、疑わしい人物であるっと見なされる事があるでしょう。

 

例えば、社会的にもきちんとして人で、年収も多くあり、安定感のある人であったとしても、申し込み時に、酔っ払って何を言ってるのか解らなくて、変な対応をしていたのなら、おかしいと怪しまれる要素にもなります。

ある程度、嘘であっても、誠意ある普通の人間としての対応をしないと、融資は書類上は可能な人物であったとしても、契約も結べない事にもなるかもしれませんし、契約が出来たとしても、融資額を下げた形での契約となるかもしれません。

 

カードローンは、審査があるので、その基準は、書類上で通るだけのものでは無いのです。審査基準の基本とは、融資をしても、約束通りに毎月返済を欠かさない、約束を守れる様な人かどうかが、審査基準にも入っているのです。だから、面談の申し込みには、少し注意が必要であると思います。

カードローンはどういった審査基準か

カードローンと申し込みをすると必ず審査があります。この審査は、申込時に提出する申込内容をチェックしながら行うものです。

 

この審査には金融業によっては厳しいものと、優しいものとそれぞれ違いがあるのでしょうが、有る程度の一般的な基準と言うものがあります。

 

その審査基準は、例えば、住所は、賃貸と社宅と持ち家など色々ありますが、いずれも長く住んでいる方が良いと言われます。

 

そして勤務先の勤続年数の基準値は、約1年以上勤務した人が良いとされます。そして、年収は幾ら以上と言うのは、有る程度の生活レベルによって違いがありますが、毎月継続して、きちんと安定して暮らせる程度の年収があれば良いと言われます。

 

そして1番大事なのが、他社で何社も借入を短期間で借りている場合には、通らない場合が多いようです。そして複数件他社で借りている場合には、最低3件数までなら、通るとも言われます。

 

カードローンなどで過去に返済が滞ったり、延滞ばかりしていたり、債務整理をしていた場合には通らない事が多いようです。

 

こんな風に、有る程度の審査基準があって、それぞれがクリア出来ていれば、審査は問題なくクリアできるでしょう。

 

カードローンの審査基準の基本は、このような細かい事にも目を光らせて見られます。

カードローンは企業ごとに審査基準が違う

カードローンは、今、色々な企業が参入して来て、あらゆる所で借りれるようになっています。

 

例えば、銀行のカードローンや、信販会社のカードローンや、クレジットカードのカードローンや、消費者金融などもあります。

 

何処で借りたら良いのかは、利息や借入金額や利便性などで、好みの所で申し込むと良いのですが、それぞれのカードローン別に審査基準が違う場合があるのです。

 

色々な審査の基準はありますが、一番大事なのは、一般的には、過去にブラックリストに載っていないか、他社で借入は無いかなど、多くの借入をしていないか、トラブルは無かったかと言うのが大きな審査基準となります。

 

そして審査基準が大幅に違うのは、特に銀行系などのカードローンです。銀行系カードローンは、銀行が直接お金を融資している訳ではなくて、銀行が委託している保証会社の保証を受けて、銀行系カードローンを契約できるというシステムです。

 

だから保証会社で保証をして契約するようなカードローン企業は、保証会社の審査が通るかどうかと言う審査があります。

 

これは、銀行は窓口のようなものなので、もしも毎月の返済が遅れたら、取立てや催促をするのは、保証会社がその業務を行う形になるのです。

 

それは、銀行系カードローンの返済が遅れたとしても、保証会社が銀行に延滞なく肩代わりをして返済してくれるのです。

 

だから、私たちへの返済の催促は保証会社から来るのです。それで、初めの審査基準は、保証会社が契約を許可するかどうかが審査の1番大事な所になるのです。

 

消費者金融業などは保証会社に委託していない独自の賃金業者であるので、保証会社の審査はありません。

 

このように、カードローンは企業ごとに、それぞれ審査基準が違う場合があるのです。細かく見ていけば、限りは有りませんが、返済可能な状況であるかと言うのがどの企業であっても優先的に審査で重要視される事だと思います

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ