即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » キャッシングに必要書類 » キャッシングでは書類審査がとても大切

キャッシングでは書類審査がとても大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローンの申込に必要な書類とは

最近、テレビCMやインターネット広告などでカードローンの宣伝を目にすることが多いです。どれも手軽に申し込めるというのが一つの売りとなっていますが、どの程度手軽なのかを申込時の必要書類から見てみましょう。

 

必ず必要となってくるのは、公的な身分証明書です。まず思い浮かぶのが運転免許証です。ただ、運転免許証はお持ちでない方もいらっしゃいますので、そういった時は健康保険証・パスポート・住基カード等で代用が可能です。出来ることなら、顔写真付の物が望ましいです。

 

次に必要となるものと言えば、所得を証明するものです。源泉徴収票や確定申告の控え、市町村発行の所得証明書です。これは直近の物を準備して下さい。

ただ、証明の証明は申込金額によっては必要ない場合もあります。楽天銀行などのネット銀行では、300万円以下の申込については不要としている所が多いです。また、一般の街中に店舗のある銀行などでは、100万円までなら証明は不要となっていることが多いです。

 

一概にカードローンと言っても、利用の用途を問わない物の他に、教育カードローンと言った使い道を限定している物もあります。教育カードローンだと金額を問わず所得の証明は必要になりますし、お子様が学校に行かれている証明(生徒証や学生証の写し等)も提出しなければいけません。

カードローンやキャッシングで、収入証明書や所得証明書は必ず必要なのか。

もっとも手軽で簡単にお金を借り入れることができるシステムが、カードローンやキャッシングというものですが、これらを申し込むときに、どうしても必要な書類などがありますね。よく見かけるのが、収入証明書や所得証明書などの提出です。

 

収入証明書や所得証明書とは、やっぱりお金を貸す側としてみれば重要なもので、この人はお金を貸しも充分に返済できる能力があるのかどうか、というところを調べるための書類です。

 

ずばり、収入証明書や所得証明書というのは、給与支払明細書を始め、源泉徴収票、課税証明書などがある。ただ、この書類は確かに重要ではあるのだけれど、少額の借入のときや借入を行なう金融会社によっては必要ない場合もあります。

 

先ほど、これらの収入証明書や所得証明書が必要になる理由は、その人の返済能力を見るためと書きましたが、実はそれだけではありません。消費者金融では、カードローンやキャッシングに関して総量規制という法律の規定があるのです。これによって収入証明書や所得証明書の提出が必要になるのですね。

 

ただ、この総量規制という法律は、たとえば銀行からのカードローンですと対象外となります。ですから収入証明書や所得証明書などは不要となることがあるのです。もちろん、いくら銀行のカードローンといっても、これらの書類が必要になるケースもありますが。

カードローンやキャッシング審査の必要書類

カードローンやキャッシング審査の必要書類は、運転免許証でできます。運転免許証は、財布などに入れて持ち歩いている方が多くいます。すぐに用意できる必要書類です。

 

運転免許証の住所は、現住所であることを確かめておきます。本人確認は、名前以外にも、住所の確認も必要であり、カードローンの場合は、カードが出来上がると、自宅に郵送されてきます。違う住所には郵送できません。郵便が届くことが、本人確認のひとつでもあるからです。

 

本人確認以外に、収入証明書が必要になる場合があります。カードローンでは、限度額が50万円以上の場合、収入証明書が必要になります。会社で働いている方は、源泉徴収票や数か月分の給与明細、賞与明細になります。自営業の方は、確定申告書や課税証明書などです。

 

しかし、楽天カードローンは違います。200万円までは、収入証明書の提出は必要ありません。楽天カードローンは、消費者金融のような貸金業者のカードローンではありません。

 

楽天銀行なので、銀行のカードローンになります。銀行は、総量規制の対象外となります。借り入れの総額が、年収の三分の一を超えてはいけないという決まりには、該当されないからです。利用しやすいカードローンです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ