即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » キャッシングに必要書類 » キャッシングに必要な書類について

キャッシングに必要な書類について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 6分

限度額によっても違ってくる

総量規制の対象外となる銀行では、利用限度額が100万円以下のカードローンは、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められない場合もあります。

 

総量規制対象のカードローンの場合は、利用限度額が50万円を超えるカードローンや、他社との合計額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が求められます。

 

また金融機関や貸金業者から、お金を借りる場合は、利用限度額にかかわらず、本人確認書類が必要となります。

 

とくに銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出は求められることが多いので、そのつもりでいたほうが良いでしょう。

 

給与所得者の方は
・源泉徴収票
・所得証明書

 

前年度の所得証明書が、市区町村から発行されるのは、大体6月頃です。それ以前であれば、源泉徴収票を用意しておけば、前年度の年収を証明できます。

いずれもすぐ準備できない場合は、直近の3ヵ月以内、連続2ヵ月分の給与明細書を求められることもありますが、源泉徴収票は紛失しても勤務先から再度取得できますので、事後でも提出したほうが良いのはもちろんのことです。

 

自営業・個人事業主の方は
・住民税決定通知書または課税証明書
・納税証明書

 

上記のほかに、確定申告書の写しでも収入を証明できます。金融会社が指定するもののうち、いずれかで準備しておきます。

 

本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するものですから、利用上限額に関わらず用意しなければなりません。

 

一般的には運転免許証と健康保険証を使う方が多いですし、どちらも手元にあるものなので、用意するのは簡単です。なお金融機関によっては、免許証だけでなく、同時に健康保険証も求められる場合があります。またいずれも、写しで良いことになっています。

 

不備なくご用意をお願いします。

お金を借りる時に必ず必要になるものとしては、必須なのが借主本人を証明する証明書になります。この証明書として一番多く利用されるものとしては「運転免許証」になります。

 

これは、顔写真の添付もありますから多くのユーザーが、身分証として提出する事で一番多い物になります。この免許書を提示する際ですが、現住所との相違で利用出来ない事があります。

 

事前に、住所変更があったユーザーは警察署や免許更新所での変更をお願いしますね。免許証がないユーザーさんは、健康保険証の提示が多いです。

 

また、パスポートや公的な領収書等でも代用可能です。公共料金やNHK等になります。外国人の方も、日本での就労が確認できる各種証明書があれば、審査時に有効になりますから、日本での融資も大丈夫ですよ。

 

また、利用限度額にも応じますが収入証明書の提示が義務付けられることがあります。たいていの金融機関はこの限度額は、50万円迄の利用だと収入証明書の提示は不要としていると事が多いと思われます。

 

利用する機関の形態にもよりますから、利用先を先に決めることです。この証明書については公的機関からの発行になるので、必要な場合は公的機関の窓口や提携の発行場所の利用時間を事前に知ることも肝心になりますね。不備は時間のロスですから。

カードローンやキャッシング審査の必要書類

カードローンやキャッシング審査の必要書類は、本人確認がいります。本人確認は、運転免許証で大丈夫です。運転免許証には、名前と現住所、生年月日、写真が載っているので、本人確認には最適な書類です。引越しをしていて現住所が違っている場合は、住所変更をしていれば大丈夫です。

 

カードローンは、限度額が50万円以上の審査を申し込む場合、収入証明書が必要になってきます。これは、総量規制の範囲内であることを確認するためです。総量規制は、貸金業のきまりで、借り入れの総額が年収の三分の一までにするということです。守らなければ、貸金業者が行政処分の対象となります。

 

総量規制の対象外のカードローンがあります。それは、銀行のカードローンです。貸金業者は、消費者金融などで、銀行は入りません。そのため、銀行は総量規制の対象外となり、年収の三分の一を超える借り入れが可能になってきます。

 

楽天カードローンは、200万円までは、収入証明書の提出が不要です。収入証明書の提出がない分、審査も早く進み、証明書を準備する手間もありません。便利で手軽な商品です。

 

収入証明書は、源泉徴収票や確定申告書、課税証明書などになります。最新のものを用意します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ