即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » 返済方法について » キャッシングの返済が難しいときは?

キャッシングの返済が難しいときは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

毎月の返済金額を安くしたい場合

カードローンで借入をした場合には、次の月からすぐに返済があって、その後ずっと毎月の返済があります。その毎月の返済がもっと低い返済金額にしたいと思うなら、借入残高の元金に多くの返済をすれば良いでしょう。

 

それは、借入の利息は借入の残高で毎月利息が変わるので、元金が低い金額になったら、同時に利息も少なくなるのです。

 

それで、毎月出来るだけ、借入残高を早く、多く減らして行く努力をすると良いでしょう。返済は、この金額を借りたら最低この金額を返済して下さいという規定の金額があります。

 

その金額の内訳は、元金の一部と、日数分の利息の支払いです。この規定の金額よりも、多く返済をする事で、利息は決まっているので、多く返済した分は、自然と元金の返済の方になるのです。

 

だから、毎月返済額を契約時に決まった金額を返済するよりも、より大目の返済をすると、借入残高は減って、利息も減って、だんだんと毎月の返済額が安くなります。

 

初めは多く返済するので大変ですが、少ししたら、返済額が規定より安くなっているの、後が楽になります。

 

そして、まとまった大きなお金が手元に入ったら、もっとたくさんのお金を借入残高の方で返済すると更に、もっともっと毎月の返済金額も安くなるでしょう。

キャッシングの返済は思った以上に大変です!

わたしは、7年前にカードの限度額いっぱいの20万円を簡単にキャッシングしてしまいました。その時は支払いに困っていてまとまったお金がすぐに手に入り、すごく助かりました。しかし、返済が毎月1万円という金額が2年続きました。

 

20万借りて利息がつく…。そんな当たり前のことをあの頃のわたしは知りませんでした。キャッシングは借金です!と過去に戻って自分に教えてあげたいです。

 

キャッシングは収入のあてがある人がするものです。お金がないからキャッシングというのは大間違いです!借金が増えるだけです。

 

もし、返済が出来なくなって更にキャッシングをしてしまい、結果、借金が増えすぎてどうにもならなくなった場合は裁判所にいき債務整理をすると借金を減らすことが可能です。長年、借金を払いすぎていた場合は逆に払いすぎたお金が帰って来る場合もあります。

 

わたしの場合は毎月1万円の返済額をカードを作る時に決めていたので、その金額のまま払い続けました。

 

毎月の返済金額を安くする方法はリボ払いにすることだと思いますが、返済期間がすごく長くなり、利息もついてくるので、返済金額の総額を考えると毎月厳しくても一定金額を返済した方が良いと思います。

借金は一括払いで返済した方が良い

私は以前3社からキャッシングカードを発行してもらいお金を借りていたことがありましたが、困ったことがあるとすぐに利用したために借金の額がどんどん増えて行ってしまいました。

 

そうなると返済をするのはとても大変なことになりますが、返済方法はリボ払いだったので毎月余裕をもって返済することができました。

 

しかしリボ払いにも欠点があって利息が相当な額になるために、返済するまでに相当な時間がかかってしまいます。

 

私は100万円程お金を借りたのですが、リボ払いで返済する場合は最初の頃は利息の額の方が元本の額よりも高い状態だったので、利息を返済する為に働いている感じがしてとても虚しくなってきました。

 

それでもお金を借りた以上は返済しなければならないので毎月返済していたのですが、この状態が長く続くようだとやり切れないと思い、リボ払いという返済方法について考え直すことにしました。

 

そこでキャッシングカードを発行してくれた会社と話し合ったら、全額返済できるのであればこれから先の利息は支払わなくても構わないと言われたので、思い切って全額を返済することにしました。

 

とは言っても急にお金を手に入れられる分けではないので、副業等をして全額返済できるだけのお金を貯えました。

 

とても直ぐには返せない大金を借りたのならば仕方がないですが、100万円程の借金をリボ払いで返済するのであれば、それを何年もかけて返済するよりも様々な形でお金を工面して、一括で返済した方が良いと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ