即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通過する3カ条

即日キャッシングの審査に通る為に必要な情報をまとめます

ホーム » 返済方法について » キャッシングした後の返済方法について

キャッシングした後の返済方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

カードローン返済方法について

カードローンでお金を借りたら、誰もがリボルビング払いとなります。それは、借りた金額の残額に対しての利息がつくものであり、できるだけ早く返済した方が、利息も安くなるという方式です。

 

そんなカードローンの返済の方法は、色々有りますが、幾ら借りても、皆、自動的に分割払いとなりますが、分割で支払わなくても、返済できれば、一括で返済しても良いのです。

 

そして分割返済しますが、決まった返済額より多く毎月返済して行っても良いのです。このような返済は、カードローンを借りた店舗の窓口でも返済が出来ます。

 

そして他には、カードを受け取っているのなら、そのカードを使って提携のATMで返済も可能です。銀行口座の自動引き落としの返済方法も扱っている企業もあり、毎月の返済の手間が無くなり非常に便利なところもあります。

 

色々な返済方法がありますが、口座の自動引き落とし以外は、どの返済方法を利用しても良い状態になっています。だから今月は、ATMで返済したけれど、次は窓口で返済しようとか、色々その時の都合で変える事が出来ます。

 

しかし、毎月返済方法は変えても、毎月返済日は変えれません、そして決められた返済金額を下回る事はできないでしょう。

何度でも借りれる返すが繰り返し可能

まずよく聞くのが分割払いです。

 

長期の返済ではいちばん一般的だと思えるのが分割払いかもしれません。しかしカードローンの分割払いは、当初の元金にかかる利息がそのまま元金に上乗せされたものが回数に応じて分割されますので、通常減っていく元本に対して金利がかかる方式にくらべて、総支払額が大きくなります。

 

またカードローンの利用ごとに再計算されるので、返済が大変になるため、いちばんなじみのある返済方式かもしれませんが、カードローンではほとんど見かけません。

 

そして、リボルビング払い。

 

リボルビング払いはカードローンの返済方式の主流です。リボルビング払いとは、簡単に言うと、返済元本に応じて利息がかかるもので、借入残高の減少にともなって支払利息が減少していきます。

 

リボルビング払いにもさまざまな返済方式がありますが、大きく分けると「定率リボルビング方式」、「定額リボルビング方式」、「残高スライドリボルビング方式」の3つになり、「残高スライドリボルビング方式」のなかでも、残高スライド元利定額リボルビング方式」がいちばん多いです。

 

「残高スライドリボルビング方式」は、借入残高によって段階的に決められた金額を毎月返済する方法ですが、いちばん多い「残高スライド元利定額リボルビング方式」には、元金が減少しにくいデメリットがあるものの、限度額内なら何度でも借りる・返すを繰り返せるカードローンに、いちばん合っている返済方式ということで、多くのカードローンに採用されています。

賢いカードローンの返済方法。

お金を借りるということは、必ず返済もしなければなりません。その返済方法も、個人によって色々違ったり、まては知らずに損をしていることも実は多く見受けられます。

 

今、だいたいがインターネット対応しているところが多いです。

 

となると、返済もコンビニのATMでできるんです。手数料が無料で利用できたりもするので、それをよく調べてから利用することが大切です。手数料も、長く続けば結構な金額になるんですよ。

 

また、返済するときに少しでも多く返済した方が利子がかからないって知ってましたか?借り入れてる元金によって利子は決まるので、元金が減れば少しでも利子を減らすことができます。

 

なので、銀行引き落としよりはご自分で振り込んでの返済をオススメします。
銀行引き落としですと、最低ラインの返済額しか引き落とされることはないので、決まった金額しか返済できません。

 

それだと、半分は利子で、もう半分しか返済していないことになり、利子はそれほど減りません。

 

借金返済も長引きすぎると、毎月の返済額が少ないから楽に感じますが…計算するとかなり多く支払うことになってしまいます。

 

毎月の経済的な温和も大切なのはわかりますが、少しでも多く返済してしまえば、後々楽になるのもご自分次第です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

カテゴリー
最近の投稿
アーカイブ